業務言語は英語??

Stagehands.netでは、グローバルなネットワークが可能となっています。世界各地のオフィスでのサポートスタッフによるサポート準備は、皆様もご想像できる通り、たくさんの様々な言語による職務を含んでいることがあります。ほとんどの国際的なチームにとって英語が最も実用的な言語であることは明らかですが、もしスタッフのうち一人でも英語が話せなかったら何が起こるでしょうか?私たちのスタッフはどれだけの言語を話すことができ、多言語チームはどの程度重要なのでしょうか?

Stagehands.netのベルリンスタッフだけをとってみても、20カ国語以上に渡る言語によるコミュニケーションが可能です。この言語に含まれるのは、ノルウェー語、ポルトガル語、ギリシャ語、アイスランド語、トルコ語、ロシア語などです。Stagehands.netチームの言語の多様性は、彼らの提供するサービスにとってとても重要であるということが証明されました。

全世界からのお客様が弊社を訪れ、お客様の母語を話すスタッフを見つける、このようにしてお客様のプロジェクトはより快適なものとなります。例えば、新しいフランス人のスタッフに、安全用靴を忘れてしまったという前に、ステレスフルなショーの最中にグーグル翻訳を使って調べるよりもひどいことはないでしょう。(免責:弊社のフランス語話者スタッフと他の全てのフランス人職員は高い教育を受けているので、そのような初心者の犯すミスは確実にしません!)

その国の言葉と業務言語(英語であることが多い)を話すことのできるスタッフがいるというのは良いことです。技術者とステージスタッフの他言語ネットワークにアクセスすることができるというのはプロダクションにおいてスムーズな作業工程をこなすことにおいて重要な長所であることを意味します。

Stagehands.netチームの多様性は、言語や文化背景の異なる様々なお客様の多様性とともに豊かになっていきます。

Stagehands.netー 今、あなたは私の言語を話す。

 

(写真:Stagehands.netパリスタッフ あるプロジェクトに向けてチェックイン…安全用靴をきちんと身につけたスタッフ)

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です